お気に入り一口馬主ブログ

高くて走らない馬

アインザッツの惨敗からいまだに立ち直れません。
やはりこの馬に出資したのは間違いだったかな・・・。

そもそもこの馬に出資した経緯は
1次でうまくいかず資金が余る→売れ残りを物色→芝の中長距離に適正がありそう→値段が高いのは素質があるから?→「あわよくば・・・」「これでいいや」って感じでした。

やはりそんなふにゃふにゃな理由で出資してはいけませんね。
「キャロットは3年に1頭しか好きな馬に出資できない」というのを念頭に、今年のドラフトは0頭でもいいやの精神で挑みたいと思います。

そもそも僕は安くて稼ぎそうな馬に出資するのが本来のスタイルでした。
それがルージュバックという大当たり馬を引いた事で、つい芝の中長距離に目が向くようになってしまいました。
王道路線で4000万のステイゴールド産駒が1億超えのディープ&キンカメ産駒に勝てるわけがないのに・・・。

GⅠや重賞の口取りには憧れますが、よほどの運とお金がないと辿りつけません。
謙虚に、冷静に、安くて良い馬を選ぶのが分相応です。
GⅠで口取りをしてる人を羨むのではなく、高くて走らない馬を掴んでる人を見て笑う方がお金を失わずに済みますね。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは
ぬっきーさん、こんにちは。

何かこの記事は自分にも当てはまるなぁ~と思いました。

自分の周りには化け物みたいな方々がいるので触発されて決めていた頭数より多く出資していました。
自分は今年は2頭か3頭の本来の少数で行こうと思っています。

お仲間さんが増えるのは良いのですが…、この辺りは改めたいと思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
>パパディーさん
触発されちゃいますよね~。
ブログやツイッターで高額馬出資の報告を見ると「何ー!自分も負けてられない!」ってなっちゃいます。
自分のスタイルをつらぬくというか、無茶せずに行きたいです。

>通りすがりさん
コメントありがとうございます。
ラフィアンの運営については僕も疑問視する所があり、現役馬の引退を待って退会する方向です。
「会員の為に募集の締め切りを早めた」のが決定的でした。
ウインは良くなっていくという願望も込めて継続です。
ノルマンディーは良いクラブだと思いますが、多くの会員さんが「ノルマンディーは良いぞ」「他のクラブもノルマンディーを真似ろ」的な事を言うのが気に食わない…というか空気感が苦手なので入らないです。
私は馬選びはついつい都合良く拡大解釈しちゃいますね。
この馬なら悪くても年明けデビューで更に掲示板は確保、それで三戦以内には勝ち上がるだろう。
なんて考えてしまいます。
現実はそうならないことは理解しているつもりなんですがね。
何でもいいから勝ち上がれそう。
これくらいでいいかなと。
そう思うようにしました。
今年は拡大解釈はやめるよう心掛けます。
No title
>タルタルさん
三戦以内には勝ち上がるだろう=拡大解釈ってのは控えめすぎじゃないですか?w
何でもいいから勝ち上がれそう…で出資するのは使えそうですね!真似させてもらいます。

管理者のみに表示

トラックバック